住宅ローンの審査について 〜 住宅ローンどこで借りる?

main_top_over_navi
main_top

住宅ローンの審査について

住宅ローンの融資を受ける場合には、様々な審査基準が設けられていて、 大きな金額を借りる為の審査も、とても厳しくなっています。 気に入った物件をすでに購入しようとしていたのに、住宅ローンの審査が 通らなかったという場合も多々あるようです。 まずは自分がどう判断されるのかを、知っておく必要があるのです。 住宅ローンの審査というのは、高い年収があれば審査を通るというものでは ありません。返済能力が考慮され、何十年先にもローンが支払えるか、 というのが重要なポイントになるのです。 ですから、住宅ローンの申し込み時に、高い年収を得ている人であっても、 それまでの安定が証明されなければ、審査を通るのは難しくなってきます。 住宅ローンの審査に通らない具体例をあげると、 短い勤続年数であるという共通点があります。 どの会社にも短い期間しか在籍せずに、退職をくりかえしながら、 転職の数が多い場合には、信用が得られずに住宅ローンの審査を 通るということは難しいでしょう。 また、消費者金融やクレジットカードなどを使用して、 支払いが滞っているという場合にも、信用情報センターでの確認が行われ、 住宅ローンの審査に通ることが難しくなるかもしれません。 もしカード等のローンが滞っていない場合でも、 負債比率が融資会社の基準を超えているような場合には、 住宅ローンの審査を通ることが厳しいと考えていいでしょう。 住宅ローンの審査では、収入が安定している20歳以上であり、 勤続年数は3年以上であることが、最低条件になるのです。 外国人や自営業者は住宅ローンの審査に通ることが難しい、ということが よくありますが、その場合にはその人に合った融資会社も 存在していますから、よく調べたうえで審査を受けましょう。 住宅ローンを受ける場合、公的融資は融資の審査が厳しく、 融資を受けることが難しい場合もありますが、金利が安いという利点があるので、 人気があります。住宅ローンの民間融資はというと、保険会社や銀行などが 行っている融資とり、近頃ではテレビコマーシャルや雑誌の広告などで、 多くの銀行が宣伝をしています。 公的融資の住宅ローンに比べると、民間融資の場合には審査は それほど厳しくはありません。 しかし、金利などが選んだ保険会社や銀行によって、かなり 差が出ることになります。ですから融資を受ける際には、 比較検討を重ねることが必要になります。 住宅ローンの公的融資を受けている場合に、 後から民間融資などに変更したいということも可能なのですが、 その場合にかかる手数料や金利面などを踏まえたうえで、 変更することが大切です。

Copyright © 2011 住宅ローンどこで借りる? All Rights Reserved.