住宅ローンの諸経費について 〜 住宅ローンどこで借りる?

main_top_over_navi
main_top

住宅ローンの諸経費について


住宅を購入する際に、住宅ローンで頭金などを用意する人も多いようですが、
その他にも諸費用がかかるために、その費用も必要になってきます。
住宅購入をする場合にいかかる諸費用とは、登記費用や融資保証料、
印紙税や不動産仲介手数料などがあげられ、これらは住宅ローンと合わせて
融資を受けることが可能です。

さらに他にも融資関係手数料、保険料や登録免許税、司法書士手数料、
土地家屋調査士手数料、固定資産税清算金や不動産取得税など、
建物の費用だけではなく、住宅を購入する場合には様々な費用が
多くかかることを覚えておきましょう。

諸費用は思った以上に、とても高額になることが多いので、
中古物件で5?10%、新築の物件で購入金額の2?5%の
金額がかかると言われています。そのような大金を用意することは
難しいという方のために、住宅ローンと組み合わせるということも
可能になっていて、安心して住宅を購入出来るようになっています。

住宅ローンと組み合わせて諸費用の融資を受ける場合には、
購入金額が全体的に高額になってくるために、きちんとした
返済計画をたてることが重要になってきます。
諸費用と住宅ローンをを組み合わせずに、別々に支払うと言う場合には、
購入前に諸費用も用意しておかなければならないため、
自己資金がかなり必要になってきます。

更に引っ越した後も、家具の購入や引越し料金などの、
様々な出費が予想されますから、住宅ローンと合わせてこちらも融資を
受けるかどうかを、あらかじめ考えてから支払い計画を立てる事が大切です。


Copyright © 2011 住宅ローンどこで借りる? All Rights Reserved.