住宅ローンを借り換える場合 〜 住宅ローンどこで借りる?

main_top_over_navi
main_top

住宅ローンを借り換える場合

低金利のローン会社に変更することを、住宅ローンの借り換えと言います。 現在まで借りていたローンを一括返済し、もう一度新たに違う金融機関で 契約を行うのです。金利差があり残金が多いほど、住宅ローンの借り換えを 行うことで、軽減額が大きくなりますから、その分のメリットも大きくなります。 住宅ローンを借り換える場合は、新しい契約を行うということになりますから、 融資に関しての審査を受けることにもなり、諸費用がかなりかかることになります。 ですから、諸費用で損をしないように、住宅ローンの借り換えによって メリットがどの程度あるかどうか、まず計算をしてから手続きを行うことが大切です。 住宅ローンの借り換えを行う際は、用意する書類の量も多く、 契約を最初にした場合と同じような費用もかかります。 印紙税や登記費用、司法書士への支払いや保証料などもかかります。 このように元のローンを一括返済する為に手数料も支払うなど、 思った以上の出費が考えられます。 住宅ローンの借り換えをする場合の審査は、新規の時と同じように行われます。 審査項目には、担保物件の評価額や返済状況なども加わります。 もし以前よりも年収が下がっていたり、 元の住宅ローンの支払いが一度でも遅れていた場合には、 審査を通らないという可能性もあるでしょう。 まずは住宅ローンの借り換えをした場合に、どれだけのメリットがあるかを 計算し、諸費用を差し引いた額を充分に考慮し、 自分の年収や物件の価値などを考えたうえで手続きを行うことが大切です。

Copyright © 2011 住宅ローンどこで借りる? All Rights Reserved.