変動金利について 〜 住宅ローンどこで借りる?

main_top_over_navi
main_top

変動金利について

住宅ローンには、変動金利と固定金利という二種類があり、 ローンを受ける本人が、どちらかを選択することが出来ます。 住宅ローンで言う変動金利というのは、返済の途中であっても、 金利が定期的に変わるタイプの支払い方法を指します。 もし高金利の時期に住宅ローンを組んだ場合であっても、 その後に金利が下がれば返済額も減るのですが、 逆に上がるということも考えられます。金利が上がってしまい、 返済額の総額が増えてしまうということも考えられるのです。 また、住宅ローンで言われている変動金利にも種類があるのですが、 上限金利特約付変動金利と呼ばれているタイプがあります。 この住宅ローンの上限金利特約付変動金利というのは、 金利の上限が決められているので、もし金利が高くなってしまった場合でも、 決められた額より上がる事はありません。 上限金利特約付金利は、最初に設定されている金利が高いという デメリットがあるのですが、変動金利に比べて安心感は得られます。 他に住宅ローンを変動金利で申し込む場合にお勧め出来るのは、 短期のローンを組む方や、借入金が少ない場合です。 長期の住宅ローンを組む場合には、金利が下がって元金も減るという メリットがあることも考えられますが、将来的に金利が上がってしまった際に、 元金も増えてしまうというデメリットが挙げられます。 長期的な住宅ローンを組む場合には、今後の市場をしっかりと見極める 必要があるのです。 変動金利で住宅ローンを申し込む場合には、 年に2回の金利見直しが行われていますが、固定金利で5年間は返済を 組まれるということが殆どです。 変動金利の場合には、低金利になればメリットもあるのですが、 高金利になってしまった場合には、デメリットになることが難点です。 その場合、変動金利でも上限金利特約がついている住宅ローンを組んでいれば、 上限の金利が定められているので、一般的な変動金利に比べれば、 安心感を得られるでしょう。 固定期間選択型で住宅ローンを組んだ場合には、 定められた期間に返済が終了した後に、金利の状況に応じて 返済方法をどれにするか選択することが出来ます。 このように、住宅ローンの金利というのは、契約を行う時点での状況や、 これからの経済状況を予測しながら申し込む必要がありますから、 契約をる際には良く考えてから、行うようにしましょう。

Copyright © 2011 住宅ローンどこで借りる? All Rights Reserved.