住宅ローンの控除とは 〜 住宅ローンどこで借りる?

main_top_over_navi
main_top

住宅ローンの控除とは

中古や新築の住居を購入した人や、現在住んでいる建物を増築した 際にかかる費用に借入金を利用した場合には、住宅ローン控除という制度が 適応されます。この住宅ローン控除というのは、 一定の条件を満たしていれば、確定申告をした際に受けることが出来る控除です。 住宅ローンを返済する期間によって控除の期間も決められていて、 所得税から所定の金額が控除されることになります。 住宅ローン控除を受ける場合の条件は、 床面積の1/2以上が居住用であること、 さらに床面積が50?以上であるということが挙げられます。 他にも新築時または購入した日から、半年以内に入居をし、 適用を受ける年の年末までは居住していること、 建物以外にも住宅ローン控除を受ける年に、3000万円以下の合計収入 であることが条件としてありますから、対象になるかどうかを 確認することが大切です。 住宅ローンの控除は、自ら確定申告によって手続きすることが必要です。 会社員である場合には、2年目以降になれば年末調整として、 手続きしてもらうことが可能になります。 最初の年には必ず自分で書類を揃えるという必要があり、 面倒だという気持ちにもなりますが、住宅ローン控除というのは、 住宅ローンを組んでいる人々にとっては、とても重要な制度です。 ぜひ手続きを行ってください。 住宅ローン控除に必要な書類をあげてみると、 年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書、 住宅所得資金に係る借入金の年末残高等証明書、 給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書などがあります。

Copyright © 2011 住宅ローンどこで借りる? All Rights Reserved.